むっちりは憧れ、アピールポイントは色々

女性の象徴というバストが小さくてもメリットはあるものです、下着にすっぽり収まってコンパクトだし、さっさと歩いていても気にならないサイズはアクティブになれます。
不足というなら女性らしさでしょう、ネットでバストが豊満なAVとかエンタメニュースにある画像、豊満でむっちりした胸元には憧れますが家のことで掃除などするには非日常的的なサイズかも。

部屋の掃除していてもキッチンで食事を用意してても、バストのラージサイズは生活にある意味の不便があり、効率よく動くにはBカップがベストと考えることにしましょう。
小ぶりだからといって女性らしさは持っているつもりだし、胸の大きさだけで女性としてのパーセンテージの尺度と考えるのはどうでしょうという理論もありでしょうから。

こだわりとすれば下着選びするときに3/4カップがいいとすること、フルカップはボリューム感のある胸元用にフィット、バストの上部分がすくと下着のフィット感がイマイチになります。初夏のおしゃれでブラウスとか薄手衣類でも女らしさを感じさせるのが小ぶりでもよいバスト、身体のラインとしてはウエストのくびれもポイントですからね、アピールできるのは胸元だけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です