e335a78aa09857abe2dffe894a697b56_s

人間は色々なところにイボができますが、その一つに首があります。

イボの原因の多くは加齢であり、30代あたりから増えるとされています。

年齢に比例する形で増えていくことになりますから、加齢によって発生している、ということはほぼ間違いないのですが、単純に年齢のみが原因と言うわけではないのです。

その細かいことをよく理解して、対処していくようにしましょう。

新陳代謝の遅れ

e854a792957ec91d01c1d1d14c3ff230_s

老化で起きることはたいてい、新陳代謝が悪くなっているから、ということになります。

首のイボもそうであり、肌へのダメージが蓄積されやすくなり、そして、回復、生まれ変わるまでに時間がかかるからできるとされています。では、直す方法がないのか、といえばそんなことはなく、予防法としてあるのが規則正しい生活習慣で新陳代謝を高めるということです。

こうすることによって、イボが回復していく、ということになります。

極端なことをいってしまうとイボなんてものは不治の病というわけではなく、自身の治癒力で治すこともできるのです。

しかし、そのためにはなんといっても生活習慣の見直し、ということになりますから、これを実行するようにしましょう。

若い人でも首のイボが?

ha-toito

日常生活の中では様々な肌の負担があるのですが、その一つが紫外線になります。

特に老人性疣贅の場合においては紫外線が原因になっていることが多いですから、日当たりがよいところにはあまりいかない、少なくとも日焼け対策をする、と言うことはよく考えておくとよいでしょう。

今では紫外線から肌を守ってくれるクレームなどがいくらでも簡単に手に入るようになっていますから少なくとも外に出る時にはそれを意識しておくとよいでしょう。

首イボクリームの購入を検討するのであれば「シルキースワン」がオススメです。

衣擦れが原因?

首周りですから夏にはそんなに起きることではないのですが、衣擦れによって肌に対して摩擦が起きてそれがイボの原因になることもあります。

腋などにはそうしたことがよくありますから、注意しておきましょう。

対策の方法としては首周りであればあまり首筋まで伸びているような服を着ないということです。こうすれば少なくとも衣擦れに関しては防ぐことができるようになります。

或いは柔らかい生地で作られたものにする、ということによっても予防することができるようになります。

汗が原因

asewokakujimude

汗が理由で首元にイボができることもあります。

汗をしっかりと拭くことによってこれも予防できますが、汗自体を抑えるということはそんなにお勧めできることではないです。

汗自体はそこの老廃物や脂分を外に出す、という側面がありますから、汗を出してもしっかりとふき取ることができるのであればそこまで問題になることはないです。

決して多くない原因ではあるのですが出した後にはキチンと拭いて清潔にしておく、ということにしましょう。

ウイルス性もありえる

首のイボの原因として、小さな傷からウイルスが入ることによってできるイボもあります。

皮膚型のウイルスが皮膚に感染してしまって、良性腫瘍のイボができるわけです。致命的な問題が起きるわけではないのですが、しっかりと病院にいき、ウイルスの除去をするための薬を貰うことが最短で治すルートとなるでしょう。